■「FC事業法」制定に向けて各党国会議員と懇談

発会時から、コンビニ・FC加盟店全国協議会が求めていた「FC事業法」制定に向 けて、民主党・共産党とコンビニ協議会の小林政廣代表世話人ら代表団との懇談が行 われました。

民主党商工部会は、8月3日国会内で「FC事業法の課題について」を テーマでコンビニ加盟店の実態についてヒアリングを行いました。
出席したのは、
通産省・中小企業庁・公正取引委員会とコンビニ・FC加盟店全国協議会の代表団に対し、コンビ二加盟店の経営の実態等のヒアリングを行いました。
各出席議員からは活発な質問がなされ、今後は党として法制化に向けて取り組んでいくことを決め した。
又、継続して第2回目のヒアリングが8月9日に開催され、継続して各省庁からのコンビニ協議会を交えたヒアリングが行われています。

一方、共産党は衆議院議員会館の面談室にてコ ンビニ協議会と意見交換をしました。
代表団からは「現行法の不備で対処しきれない」等の意見が出されました、8月9日には参議院経済・産業委員会において、山下芳生議員が「FC事業法」 について、平沼通産大臣等に質問が行い、「FC事業法」制定に向けて国会論議に弾みがつきました。

 


本ホームページの一部あるいは全部を無断で利用(コピー等)することは、
著作権法上の例外を除き、全国FC加盟店協会の許諾が必要です。